イメージ画像

アンチエイジングのための成長ホルモン

アンチエイジングのために必要不可欠だといわれているのは、成長ホルモンです。 成長ホルモンと聞くとなんだか、子供にとって成長するときに必要なものと思いがちですが大人になっても必要不可欠なものなのであります。

成長ホルモンは、その名の通り体の成長を促すものでありますが、体を修復したりする作用など新陳代謝を活性化させるものであります。ですが、成長ホルモンが少なくなってしまうと、体の代謝が悪くなって老化の原因となるのです。

では、成長ホルモンはどのようにして分泌させることができるのでしょうか? まず、一つは睡眠によって成長ホルモンを分泌する方法があります。

普段の人間の活動で、寝るときが一番成長ホルモンを分泌させることがわかっており時間帯的には夜の22時から2時くらいが最もホルモン分泌がしやすい時間になっています。

また、寝る前はできる限り食事をとらないようにして、寝るときに睡眠を深くすることができればより成長ホルモンが分泌されるのであります。

これは、空腹のピークのときに、胃の粘膜にグレリンという物質が出るのであり、 その物質が、脳下垂体に作用することによって成長ホルモンの分泌をするからです。

もう一つの方法としては筋力トレーニングがあります。筋力トレーニングを行うと成長ホルモンが分泌され若返り効果を得ることができます。

ですが、重いものを持つのが苦手だったりする人がいるでしょうから、そういう人のために行う方法としてはスロートレーニングがあります。

この方法は単純に、自重トレーニング(自分の体重で負荷をかける筋トレ)で行うような動作をゆっくりと行うだけでいい方法です。

この方法でも、一日15分から20分程度行えば、軽い負荷でも簡単に成長ホルモンが分泌されますのでアンチエイジングをしたくて、なおかつ激しい運動は嫌だという女性の方や、お年寄りの方にはお勧めの方法であります。

このような方法で成長ホルモンを多く分泌させ、無理のないアンチエイジングを実践してみましょう。

このページの先頭へ